鶴橋・コリアタウン

難波・道頓堀

チョンジュン作家

チョンジュン作家

 

【生年月日】

1956年 10月 29日 韓国釜山生まれ

【活動履歴】

1)小説家:歴史小説 「アントニオコレア」, 現代小説 「蝶のように飛ぶ」, 「地の果てからの風」著者

2)旅行作家:「松江 鄭澈と一緒に歩く關東別曲8百里」著者

3)詩人:「文章 21」で詩“飛びたいアオガエル”と登壇

4)作詞家:ジョンプンソング作曲、ソルウンドが歌った“地の果てで”を含む 40曲以上を作詞,

  4枚のアルバム発表、 PV23本制作、ウェブドラマ2本制作

5)文化企画家

  ①政府法定記念日 「歩行者の日」(11月 11日)制定 企画

  ②海南 「地の果て祭り」 総企画

  ③咸平 「第3回 咸平 蝶祭り」中 “咸平 蝶文化 列車” 総企画

  ④第1回 莞島 青山島 世界 スロー 歩き祭り 総企画

  ⑤松江 鄭澈と一緒に歩く「 關東別曲8百里」歩き祭り 1回~5回(2008年~2013年) 総企画

  ⑥「釜山 区庁長 郡長 協議会 日本 探訪 行事」 総企画・引率作家

  ⑦(株)ユニホリデー 旅行会社 「アントニオコレアイタリア文化探訪」プログラム 引率作家

6)コラムリスト

  ①釜山国際新聞コラムリスト(2013年)  ②ヘラルド経済コラムリスト(2015年)

7)中国太極拳と韓国鶴踊りを応用した「健康鶴体操 」創始者

  ①「踊ってやせる」 (韓国文苑)著者

  ②「一日10分で気がよみがえる」 (東亜日報社)著者

  ③「奇跡の鶴踊り健康法」 (中央H&B)著者

  ④「鶴踊りダイエット」 (時空社)著者

  ⑤「気を乗ってきた老子」 (アセア文化社)著者

  ⑥「気テク」 (プルンソル)著者

  ⑦テレビ出演

    英ロイター通信、日本 フジテレビ, 韓国民放3局とTV朝鮮を含む100回ほどの出演

  ⑧KBS健康ビデオモデル

 

정준작가 

 

1.1956년 10월 29일 부산출생

 

2. 직업

1)소설가:역사소설 「안토니오 꼬레아」, 현대소설 「나비처럼 날다」,

「땅끝에서 부는 바람」저자

 

2)여행작가:「송강 정 철과 함께 걷는 관동별곡 8백리」저자

 

3)시인:「문장 21」에서 시 "날고 싶은 청개구리"로 등단

 

4)작사가:정 풍송 작곡〮설 운도 노래 "땅끝에서"를 비롯해서 40여 곡 작사,

음반 4장 발표, 뮤직 비디오 23편 제작, 웹 드라마 2편 제작(한중일 우정의

노래 작사가, 한중일 우정의 뮤직비디오 제작자)

 

5)문화 기획가

정부 법정 기념일 「보행자의 날」(11월 11일)제정 기획, 해남 「땅끝축제」 총 기획,

함평 「제3회 함평 나비축제」中 "함평 나비문학 열차" 총 기획, 제1회 완도 청산도 세계 슬로우 걷기 축제 총 기획, 송강 정 철과 함께 걷는 「관동별곡 8백리」걷기 축제 1회~5회(2008년~2013년) 총 기획

「부산 구청장 군수 협의회 日本 탐방 행사」 총 기획 및 인솔작가, (주)유니 홀리데이 여행사      「안토니오 꼬레아 이탈리아 문화탐방」프로그램 인솔 작가

 

6)칼럼 리스트

부산 국제신문 칼럼 리스트(2013년), 헤럴드 경제 칼럼 리스트(2015년)

 

7)대한민국 「건강 학춤」창시자

「춤도 추고 살도 빼자」 (한국문원)저자, 「하루 10분이면 기가 살아난다」 (동아일보사)저자,      「기적의 학춤 건강법」 (中央H&B)저자, 「학춤 다이어트 기공」 (시공사)저자, 「기를 타고 온 노자」 (아세아 문화사)저자, 「기 테크」 (푸른솔)저자

TV출연 : 영국 로이터 통신, 日本 후지tv, 국내 3개 공중파 TV와 TV조선을 포함해

서 100여 차례 출연

 

韓国の精神、韓国人の健康を立て直そうという楽しみ

 

鶴は神秘の鳥、上品な行動と柔軟な姿だけでなく、

健康な心の持ち主で、長寿を享受する新たに東洋では神聖視した。

千羽の鶴を折って願いを祈る心は21世紀の現代人にも依然として有効な祈祷行為となっている。

 

鶴は3歳になると頭のてっぺんが赤くなって、7歳になると、大空を自由に飛び、14歳になると群れをなして泣くと分かるようになって、60歳になると新たな羽が再び現れるという。

また、千年になると青い色の青学になって露だけ食べても買うことと伝えられている。

 

それで神秘的な長寿村の中では青鶴洞という名前が多く登場する。

韓国人の心で鶴が占める割合はさらに格別だ。

毎年人事を掲載する年賀状にも鶴は、常に登場し、服や家具の文様にも鶴の美しい姿が何度も応用されている。

 

それは、鶴が持っている象徴性のためでもあるが、実際に鶴の心性が韓国人を似ているためだ。

韓国人は鶴を見て育ち、鶴の如き生活を望んでいる。

 

しかし、最近は鶴を見るのが容易ではない。 生態系が壊れて汚染物質が世界のあちこちを掘り下げて鶴が位置づけられる所がなかったためだ。

ともに、人々の心と体も公害に悩まされて物質文明に染まっていく。

このような世の中、残念な現実でチョンジュン作家先生の鶴踊りが占める割合は決して軽くはない。

彼の鶴踊りは伝統芸術の継承や民俗学的価値をさらに越える。

彼は長い間学んで身につけて来た民俗鶴踊りを現代人の情緒と体型、生活習慣をすべて考慮し時代に合った鶴踊りで再確立した。 それを日常生活に適用できる体操と起工に昇華発展させている。 それから、全国を回して地域ごとの特徴と生活方式に応じて、鶴踊りを応用普及させている。

かつて誰がこのような試みをしているのか。 彼の鶴踊りは韓国だけでなく、日本や中国などでも話題を浴びており、それによって自然と共に老荘思想が現代人の健康文化に決定的に貢献するという事実を科学的に立証したりもする。 鶴踊りの一人としてチョンジュン先生が取っている多くの研究と努力を見ると、有難く、嬉しくて、楽しい。

 

チョンジュン先生の[奇跡の鶴踊りの健康法はこれまでの過程を集大成した一つの里程標ではないだろうか。 また、健康鶴踊りの活用と効果を、より多くの人に伝えようとする意味深い意志が作った結実とみられる。

 

数多くの中国人たちが徒手体操である"太極拳"を朝修練して、インド人たちが素手健康体操"ヨガ"を修練し、彼らの独特な健康文化を全世界に知らせるように、韓国の"健康鶴踊り"と"鶴踊りの体操"がもっと多くの方らに普及され、大韓民国の学者精神と健康文化が広く拡散されることを祈願する。

 

査察鶴踊りの保存会長ベクソン僧侶